パソコンレンタルはパフォーマンスも抜群

似ているようで全然違う!パソコンレンタルとパソコンリースの違い

法人向けで購入せずにパソコンを会社に設置する方法の一つに、「リース」というものもあります。パソコンリースとパソコンレンタルは似ていて異なるものです。ではどのような違いがあるのでしょうか。
リースとはリース会社を通して、企業業務に必要なアイテムを借りて使用することです。賃貸物件のような位置づけです。多くの場合長期契約がほとんどで、途中契約をすると違約金が発生したり、別のパソコンに変更なども変更金がかかる場合があります。また企業に貸せる品を持っている業者と借主である会社の間にリース会社を挟むため、リース料が高くなります。一方パソコンレンタルはレンタル会社が持っているパソコンを直接借りたい会社に貸すので、金額を更にと抑えられます。また短期間からの契約が可能で、最短では一日から貸してくれる業者もあります。使用期間が短くなり、早めに返しても違約金を取られることはほとんどなく、途中で別の型のパソコンに変更したい場合も応じてくれます。
リースとレンタルでは、似ているようで借りられる期間や契約内容、金額などに差があるので、よく比較してどちらがあなたの企業に必要か見極めてみるのがいいでしょう。ではレンタルに決めたらどうしたらいいのでしょうか。専門業者に依頼する為に電話やファックスなどで見積もりを出してもらいましょう。希望の型や他に合わせて設置したい機械があればその際尋ねてみることが出来ます。

パソコンレンタルならいつでもどこでもかゆいところに手が届く

法人向けのパソコンレンタルなら、サポートも行き届いていますし、常に最新の型なので作業の能率も大幅にアップします。例えば、自前でパソコンを購入し、仕事に導入したとき、買った当初は確かにスムーズにできます。しかし、時間がたつにつれ経年劣化や最新のOSが使えなくなり、最悪の場合は故障などで多額の負担が生まれ、コストパフォーマンスが大変に低くなります。
しかし、パソコンレンタルを専門業者に依頼することで、オフィスでの作業は、常に最新の状態で最高のパフォーマンスを維持できることになります。パソコンの保守やメンテナンスなどもすべて専門業者が応対してくれるので、常にかゆいところに手が届くようなサービスを受けることができます。最新のサービスを提供してくれるところがほとんどなので、作業の効率も自前でパソコンを導入するよりもとても便利です。
また、故障やトラブルなどといったオフィスでよく起こるアクシデントも自前でパソコンを導入した時には右往左往することになるでしょう。しかし、専門業者に依頼することで、サポートを常に受けることができるので、容易にトラブルを解決することができ、作業の時間のロスも減らすことができます。

トピックス

ニュース一覧

2018/06/21
パソコン設置の初期費用はレンタルで抑えられる
2018/06/21
パソコンが故障してもレンタルなら安心
2018/06/21
レンタルしたパソコンはセキュリティ面も安全です
2018/06/21
パソコンレンタルはパフォーマンスも抜群
TOP